すぐに入れない!ブレーカーが落ちていた時の対処法

2021年5月26日

修理依頼がありブレーカが落ちていたらどうしますか?

僕は最初の時、よく分からなかったのですぐにブレーカを入れてよく火花が出てしまいました。

こんな失敗をしないように今回はブレーカが落ちていた時にどうするか僕なりに経験した事をまとめているのでぜひ見てくださいね。

⇒PLCやシーケンス制御、電気保全について私が実際使用して学んだものを『電気エンジニアが教える!技術を学べるおすすめ参考書』で紹介しているのでこちらもぜひご覧ください。

すぐにブレーカーを入れない

ブレーカーが落ちていたらすぐに入れないようにしてください。

僕も分かっていたのですが…

急いでいる事もあり、何も確認せずに入れてしまいました。

本当にダメなんですが、やってしまいましたね。

どうなったかというと…『バチっ』っといい火花が出てブレーカーが再度落ちたわけです。

まだ他の電子機器等に影響が出なかったのでよかったですが…

結果何が原因かというと『リレー』でした。接点が焦げ付き短絡状態だったのです。

参考記事:『電気の不具合でよく起こる短絡や地絡、漏電、の違いとは?』

リレーとは・・・電気信号をもらい次の動作をさせる為の物で次に送っていくのでリレーといいます。

詳しくは知りたい方は下記の記事で書いているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

参考記事:『リレー仕組み徹底解説!基本動作教えます』

リレーの中には接点が有り、その接点が焦げ付いてしまう事があるのです。

【接点が焦げ付く主な原因】

・使用頻度が多く何年も使用している。

・流れる電流値が高く接点容量をオーバーして使用している。

・接点にサージが発生して寿命を縮めている。

このように原因はいろいろ考えられます。

対策としてはやはり定期的に交換した方がいいですね。

この場合はリレーでしたが、いろいろな原因でブレーカーが落ちる事があります。

なのでブレーカーが落ちていたら何かの原因で落ちているのですぐにブレーカーを入れずによく確認してください。

抵抗値を確認する

まずは抵抗値を確認してみて!

どういう事!?よく分からないんですけど・・・

そんな難しくないから説明するね~

①まずはテスターの抵抗値を測定する前にリード棒赤と黒を接触さした時に抵抗値0Ωとなるように調整してください

この0Ωを指した時は抵抗が無く短絡した状態となります。

②落ちたブレーカーの2次側を測定して0Ωになると短絡しているという事なのでブレーカーを入れると落ちてしまいます。

この時注意したいのがブレーカーは必ずOFFとしてください。下記のようにブレーカーONのまま抵抗値は測れません。

抵抗値が0Ωでない場合は短絡はしていないので正常となります。

参考記事:『テスターの使い方実際現場で使用している分かりやすく解説』

絶縁抵抗計(メガー)を確認する

絶縁抵抗計で測定する方法は…

①絶縁測定計は直流電圧を流し絶縁がちゃんとされているか確認する物です。なのでブレーカーは必ずOFFにして作業行ってください。

②黒のリードをアース端子に接続します。

③測定レンジを合わせて赤のリード線をアース線に当てて見て0MΩを確認します。これは正常に絶縁測定計が動作しているか確認する為です。

測定レンジはコンセントに何も使用していない時はDC500Vで測定してもいいですが、コンセントに精密機器などが繋がっている場合は高すぎる為DC125Vで測定した方がいいです。なので状況をよく確認してレンジを合わせてください。

④実際にブレーカー2次側の端子部分に接触させて、絶縁があるかを確認します。

【正常な数値】

300V以下で対地電圧150V以下0.1MΩ以上。

300V以下で対地電圧150Vを超え300V以下は0.2MΩ以上。

300Vを超えるものは0.4MΩ以上。

となります。この数値以下の場合は絶縁が悪いという事です。

絶縁抵抗計については下記の記事に詳しく載せているので参考にしてみてくださいね。

参考記事:『絶縁抵抗計(メガー)の使い方を実体験交えて詳しく説明』

何も異常がなければブレーカー入れてみる

どっちもよかったら入れて見てね~

調べても異常が見当たらない場合一瞬過負荷になった場合か短絡しかかっているなどいろいろと原因がありますが一瞬なった時の原因は見つかりにくい為再度ブレーカーを入れてください。

再度落ちるようならもう1度同じように確認してみてくださいね。

一瞬落ちる場合はこれを繰り返すか、使用している機器をコンセントから抜いてみて様子を見るしかありません。

参考記事:『配線用遮断器と漏電遮断器の違いや選び方について分かりやすく紹介!』

まとめ

なかなかブレーカーが頻繁に落ちる事がないので、いきなりブレーカーが落ちていたらやっぱり焦りますよね~。

僕も設備保全の仕事をしていますが、ブレーカーが落ちる時はそんなにありません。

ブレーカーが落ちていたらぜひ今回紹介した手順で作業してみてくださいね。

▼コチラも一緒にチェック!