機械保全

Thumbnail of post image 028

スピコンとはスピードコントローラーの略で速度制御弁とも言い、シリンダーの速度調整には必ず使用されています。

このスピコンを使用する場合にはメータインとメータアウトの2種類があり、間違った使い方をすると速度調整がうまくできま ...

電気保全

Thumbnail of post image 075

絶縁テープは電気配線をする場合によく使用しますが、最初は絶縁テープの巻き方についてどのように巻いたらいいか迷う方も多いかと思います。

しっかりした方法で巻いておかないと感電や漏電などの発生原因となるので気をつけなければいけ ...

トラブル体験集

Thumbnail of post image 155

エアシリンダーが急に動かなくなるというトラブルが発生しました。

エアシリンダーは生産工場ではよく使用されているのでトラブルも多いのではないかと思います。

今回はエアシリンダーが突然動かなくなった時にどの部分を確 ...

機械保全

Thumbnail of post image 020

保全作業では必ずといっていいほど『シールテープ』は使われていて、このシールテープについて何も知識がないまま巻いたりすると、不具合を発生させる原因となってしまいます。

シールテープにも巻き方や方向などがあり、しっかり覚えて作 ...

機械保全

Thumbnail of post image 079

Vベルトは生産工場でよく使用されていて特に高速回転部分に使用されていることが多いかと思います。

ですが、どのような状態になれば交換時期なのか?

また、ベルトが1本だけ緩い場合などその部分だけ交換すればいいのか? ...

電気保全

Thumbnail of post image 012

PLCラダー図を作成する場合に2重コイルはダメだと教えられている人も多いかと思います。

私も2重コイルはダメだと教えられているので他の命令でも2重コイルと勘違いして使用しなかったりした時がありました。

今回はラ ...

機械保全

Thumbnail of post image 075

機械の駆動(回転)部分にはローラーチェーンがついていて、工場ではコンベアなど搬送させたい部分によく使用されているかと思います。

搬送部分が動かなくなった時はローラーチェーンの伸び、破損、錆などが原因で動かなくなる場合があり ...

電気保全

Thumbnail of post image 116

電気図面で使用されているブレーカの文字記号にMCCBやNFBまたELCBなどが表記されているのを見たことがあるかと思います。

これらの意味をしっかり理解されているでしょうか?

ブレーカは過電流や漏電など不具合が ...

機械保全

Thumbnail of post image 002

機械にはボルト、平ワッシャー、スプリングワッシャー、ナットを組み合わせてとりつけている場合を見ることがあるかと思います。

この平ワッシャーやスプリングワッシャーにはそれぞれ役割があり、とりつける順番もあります。

電気保全

Thumbnail of post image 114

PLCラダー図ではプログラム上で使用できる内部リレーがあり、この内部リレーを利用してたくさんの条件を組んでいくことができます。

ですが、内部リレーの使い方を知らないと、完成後に回路を確認しようとしてもわかりにくい回路となっ ...