機械保全

Thumbnail of post image 071

機械の組み立て、設置、改造などの時などよく『シム』や『スペーサー』と言う言葉を聞く方も多いかと思います。

私も最初の頃に『シムを持ってきて』や『ここにスペーサーを入れて』などと言われて何のことかよく分かりませんでしたね。

トラブル体験集

Thumbnail of post image 008

エアシリンダーの速度を調整しようとするが全く速度が調整できないトラブルが発生しました。

エアシリンダーの速度が調整できないだけで生産ストップとなる場合もあるので早急に調整できるようにしなければいけません。

しか ...

シーケンス制御,電気の基礎,電気保全

Thumbnail of post image 133

サーマルリレーとブレーカの違いについては特に電気の仕事を始めたばかりの方はいまいちよく理解できない方も多いのではないでしょうか?

私も最初の頃は仕組みを理解できておらず、制御盤を設計する際に苦労したのを覚えています。

機械保全

Thumbnail of post image 073

工場や商業施設などの熱源や動力として蒸気が利用されるが、この蒸気を送る際に、そのままバルブ(弁)を全開にしてはいけません。

蒸気バルブをいきなり全開にしてしまうと『ウォーターハンマー』というものが発生してしまい配管の破損等 ...

PLC(シーケンサ),電気保全

Thumbnail of post image 031

シーケンス制御をする場合には主に有接点のリレーを使ったシーケンス図とPLC(シーケンサ)を使ったラダー図による2つの方法があります。

現場などで確認すると両方とも使われていることが多いですが、改造などでより複雑な動き、省配 ...

機械保全

Thumbnail of post image 013

工場の設備メンテナンスを行っているとよくボルトの締め付けによる不具合が起こる場合があります。

特に新人の場合には最初どのようにボルトを締め付けたらいいかわからずにとりあえずそのまま強引に締め付けてしまい折れ込みや曲がり、締 ...

PLC(シーケンサ),電気保全

Thumbnail of post image 165

シーケンサを扱う場合に1ビット、1バイト、1ワードと言う言葉がよく出てきてシーケンサについて勉強を始めたばかりの頃は何のことか理解するのに大変だったのを覚えています。

この3つは主にシーケンサのプログラムのデータやデバイス ...

機械保全

Thumbnail of post image 042

現場でトラブルとなり行ってみると結局はボルトやナットが緩んでしまっていたのが原因といったことが多いです。

ボルトやナットは経年劣化、振動する箇所などでは摩耗し隙間が生まれることで緩みやすくなってしまいます。

ボ ...

電気の基礎,電気保全

Thumbnail of post image 028

圧着端子は電気作業する場合に電線同士の接続、また端子台に接続する際に使用されるが、実際最初はどのような時にどの種類の端子、圧着工具を使用したらいいか区別できないかと思います。

適当な圧着端子と圧着工具を使って接続してしまう ...

機械保全

Thumbnail of post image 074

機械修理での分解や整備の時によく最初の頃に職場の先輩などから『合いマークはしたか?』とよく言われていました。

しかし、最初の頃は合いマークなどと言う言葉もわからず、またそのマークはどのようにしたらいいかもさっぱりわからない ...