新人でまだすぐに転職しないのに『辞める』と周りに言うのはやめた方がいい理由

2020年7月31日

新人ですぐに『もう仕事を辞める!』と言って全然辞めない人いませんか?

僕も転職4回目ですがそういう新人何人かいましたね('_’)

まー悩んでいる状態でストレスが溜まり我慢できずに言っているのだと思いますが…

そんな話聞く方も嫌ですよね~。

今回は新人が『こんな会社絶対に辞めてやる』っていいながら仕事しているのはよくないよって理由語りたいと思います。

周りのモチベーションが下がる

『もう俺はこの会社を続ける気はないから』と入社したてで言い全く仕事を覚えようとしない人いませんか?

そんな新人に限って中々辞めずに結局何年もいますよね。

昔と違って今の会社ではぎりぎりの人数で会社を回そうとします。

やめると言う人もその少ない人数の一員な訳です。

ですが辞めると言われダラダラ会社に来てもらっても仕事覚えてもらおうと思わないですし教えようとも思わないですよね?

自分は『辞める』と言い気が晴れるかもしれませんが周りのモチベーションは下がってしまいます。

新人なら会社の事もいろいろ覚えてもらい戦力として働いてほしいわけですから。

まだ確定ではない状態では言わない方がいいです。

この会社で仕事を覚えても意味ないと思うかもしれませんが、せっかく働いているわけですから辞めるにしても仕事を覚えておいて損はないですよね?

すぐに辞めないのなら辞めるまでは必死に仕事覚えて働くべきです。

仕事を教えてもらえなくなる

教える方もかなり労力がいります。

新人は何をするか分からないのでいつも気にして見ないといけません。

そうして労力を使い少しづつ仕事を覚えてもらっているわけですよ。

ですがやめると言われたらもう教える必要もないですよね。

そうすると次はいったいいつまでいるの?…となるわけです。

早く辞めたらいいのに…と思いませんか?

他の人達は早くやめてやる気がある人に仕事を覚えていってもらいたいと当然思いますよね。

その方がやる気はあるし、仕事もしっかり教えたいと思うはずです。

そうなると辞めると言った人はどうせいなくなるのだからとだんだんと相手にされなくなってしまいます。

会社で働きづらくなる

やはり『辞める』と言うと働きづらくなります。

どうせ辞めるのだからと仕事を回してくれなかったり、やはりサラリーマンは仲間意識も高いのでもう仲間じゃない…というような空気を出してくるわけですよ。

このなんとも言えないような空気に耐えられるなら大丈夫ですが…なかなか耐えるのも大変だと思います。嫌ですよね?

最悪の場合再就職先を見つけていないのに退職という結果になる可能性もあります。

こうなっては本末転倒ですよね。

会社辞めるにしてもやめ方があるわけです。会社をしっかり利用しましょう。

やはり先に言う事で働きづらくなっちゃう人多いので正式に決まっていない段階では言わない方がいいので気をつけてくださいね。

働いていく内に気が変わるかもしれない

新人はまだ仕事内容を把握しているわけではないので働いていく内に気が変わる可能性だって十分ありま

いろいろ仕事が出来るようになり、段々と楽しくなっていくものです。

ですが…周りの人達はやめると思っているわけですから、信用を取り戻すのは大変ですよ~。

さんざん『俺は辞める』と言っているのですからやる気を見せないといけません。

なので最初に仕事をすべて理解していると思って、『辞める』とすぐ口にするのはよくありません。

経験する事で変わってきたりもするわけですからね。

他に何か別にやりたい事があってもほんとに辞めると決めた時に言うべきです。

まとめ

僕も最初営業の仕事を少ししましたが、今思えばしっかり教えてもらいがんばればよかったな~と後悔してます(;´Д`)

もうこれから先営業の仕事をする事はないだろうと思いますし、中年になると若い頃のように柔軟性ありません。

その当時は営業の仕事に全く興味ありませんでしたが…その時営業の仕事をしっかり覚えておけば今の仕事の幅も広がるのではないかと思いますね。

なので今現在意味がない仕事だと思っていても将来何かの役に立つかもしれないので先に『辞める』と言い、教えてもらえない状況を作るのではなく少しでも仕事を教えてもらい辞めるまではしっかり覚えてくださいね♪

▼コチラも一緒にチェック!

転職

Posted by ネバヤン