30代で転職しても十分チャンスがある理由

2020年8月26日

30代で転職するのって不安ですよね?

実際30代になると、このままこの会社で過ごすか、30代転職するかのどっちかだと思います。

私も30代でいろいろ悩みました。

悩んだ末、私は30代で転職活動する事を選びました。

今回はこの30代で転職しても十分チャンスがあるって事をお伝えしたいと思います。

30代前半までなら未経験の仕事でもある

30代前半までにやりたい事が見つかった場合はなるべく早く行動してみるべきです。

仕事をしながら転職活動すれば問題はないはずですよね。

なかなか行動できない人たくさんいますが、まずは転職活動をしてみて、市場の状況をよく確認する為にも勉強になると思います。

自分がやりたい仕事は募集しているか?年齢制限はあるか?未経験でも大丈夫か?など状況を確認しておく事はとても重要です。

昔と違って今は定年退職の年齢も上がってきてますので、30代前半ならまだ若く、未経験でも面接次第で採用となる場合が多いですよね。

ですので30代前半ではもう遅いと思わずに、転職市場をよく確認してやれる事をやってみたらいいと思います。

会社勤めならリスクもないですし、転職を本気で考えているなら活動するべきです。

転職したいが、何も行動せずに年齢だけが過ぎていくのが一番もったいないですよね。

行動してみる事で一歩前に進むのです。

転職活動は『転職エージェント』を利用した方が担当者がつき、就職活動をサポートしてくれます。

職務経歴書の書き方や希望に合った職種を探してくれるので大変便利なのでぜひ活用してみてくださいね。『無料』なので登録するだけして転職市場を確認してみてもいいと思いますよ。

私は中でも『リクルートエージェント』に登録しています。

やはり求人数が他のエージェントに比べても多いですし、未公開求人もかなりの数扱っています。

『無料』なので1度登録してみて未公開求人どんなものがあるのかぜひ確認してみてくださいね。↓↓

【リクルートエージェント】

【私の場合】実際に30代前半で転職活動して気づいた事

私の場合ですが30代前半時に転職活動していましたが、やはり30代前半その当時は一応就職先がいくつかありましたが、もし再就職をしてやっぱり自分に合わなかったと思って辞めてしまうと、年齢的に30代後半になっていますよね。

再就職先もいくら給料が良くてもいざ入社してみると人間関係だったり、福利厚生など思っていたのと違うとなる場合だってあります。

なので私が思ったのは、再就職先が最悪失敗だったとしても、次の再就職先をすぐに見つけられるように難しい資格を取得する事にしました。

私は電気関係の仕事をしているので『電験3種』取得を目指して頑張る事にしました。

▼電験3種の資格についてはコチラをご覧ください。

この資格は2~3年勉強しなくてはなかなか取得できないので、転職の際にはかなりの武器になると思います。

難しい資格を取得しようとするとやはり毎日勉強しなくてはいけません。

勉強する際にも慣れている会社の方が勉強時間がとりやすいはずです。

なので難しい資格を取得するのであれば取得後に転職活動をしてもいいと思いますよ。

30代後半までに準備をする

30代後半は中には未経験で採用してくれる所ありますが、大体は『経験』『資格』が重要となってきます。

やはり30代後半までに経験を積むか、資格を取得したほうが有利となります。

30代後半までに何もアピールする武器がなければこの先40代、50代と会社にしがみつくか、安い給料で再就職するかしか選択肢がなくなってきますよね。

なので何か新しい事を始めるのであれば30代が最後のチャンスだと思ってください。

再就職先で経験を生かせられるような所であれば40代、50代でも採用されやすくなるはずです。

どの年齢になっても転職できるように自分のアピールできる武器は30代までに身につけておく事をおすすめします。

▼コチラも一緒にチェック!

まとめ

・未経験の仕事に挑戦する時は30代前半までに転職活動する事

・会社に在籍しながら転職活動するだけでいろいろと発見があり一歩前に進む

・30代後半までに何か『アピールできる武器』を用意する

以上3点に気を付けて30代転職活動する事できっといい転職先に巡り合えるはずです。
私も30代後半いろいろ大変ですが転職活動がんばっているので一緒にがんばりましょうね。

▼コチラも一緒にチェック!

転職

Posted by ネバヤン